知っておくべきこと

保険見直しを行う前に、知っておくべきポイントがいくつかあります。それは保険の種類や保険金の受け取り方法などです。保険の種類は自分に適切なものを選ぶ必要があります。例えば子供がいないのに、生命保険に入って死亡後に保険金が下りるようにしても意味がありません。しかも余計に保険料を支払う必要があるので、このような場合にはできるだけ早く見直しをする必要があるでしょう。

逆に体が弱いのに、ある程度の年齢になるまで医療保険に入らないというのも問題です。いざというときに保険金が下りないのでは意味がありません。このような場合には早目に加入しておくべきでしょう。このように保険の種類を知っておくだけでも、どこを見直しておけばよいのかが分かるようになります。他にも覚えておかなければいけないことがあるのですが、重要なのは受け取り方です。

どのようなときにいくら保険金を受け取れるのかを、比較的知らない人もたくさんいます。知らないで契約をしては、保険見直しができるわけはありません。そのため、保険の種類と受け取り方だけは最低限覚えておきましょう。他にも覚えておくべきことはあるのですが、そう簡単にたくさんのことを覚えるのは難しいので、いくつかポイントを押さえて覚える方法がおすすめできます。

見直しのタイミング

現在加入している保険を見直す、新たに保険に加入する場合には、タイミングがとても重要になります。では、どのようなタイミングで保険見直しや加入を行うのがよいのでしょうか。それは就職をしたときや転職をしたとき、結婚をしたときや出産をしたとき、定年退職したときや子供が成人したときなどです。このようなタイミングでの保険見直しが最適です。

他にも住宅を購入したとき、離婚をしたとき、家を売却したときなどにも保険見直しを行うのがよいでしょう。保険の種類というのはいろいろあります。生命保険や養老保険、入院保険や火災保険、地震保険などもあるので、見直すタイミングはとても重要だと言えるでしょう。自賠責保険のような強制保険というのは殆どないので、人生の転機に見直すことが大切です。

できれば定年退職のときに見直すのではなく、若いうちに見直しをしておくべきでしょう。なぜなら年齢が高くなればなるほど保険料が高くなる傾向にあるからです。保険というのは、より良い条件で安い保険料というのが基本です。高い保険料で条件が悪いというのはよくないので、すぐにでも見直しをするべきでしょう。タイミングを合わせることも重要ですが、場合によってはすぐ見直しをする必要があることもあるのです。

保険見直しの相談

保険見直しを行うのであれば、まずは保険の担当者に相談をしてみるのがよいでしょう。ただし、保険会社は自社の保険をすすめようとするのが一般的なので、保険会社に相談をするのではなく、保険会社に所属していない専門家に相談することをおすすめします。保険会社に所属していない専門家というのは、ファイナンシャルプランナーなどになります。しかし、ファイナンシャルプランナーが所属している業者も、特定の保険会社と契約している可能性は十分にあります。

そこで、あえて多数の保険会社と契約をしている相談機関を利用するという方法もあります。最近では保険についての相談を専門に受け付けている窓口も存在しているので、このようなところを利用してみるのもよいでしょう。相談時間は通常1時間以上になるので、時間のあるときに相談しないといけません。もちろんいきなり相談を持ち掛けるのではなく、本当に信頼できるのか、個人情報の管理などはきちんとできているのかなどの情報収集は必須です。

問題ないと分かったら、メールや電話で問い合わせをしてみましょう。どのように対応してくれるのかである程度良し悪しを判断することもできます。通常このような相談機関の多くはホームページを開設しています。そのため、最初はメールで相談する方法がおすすめです。返信の内容や速度、わかりやすさなどを考慮して判断しましょう。当サイトでは成人向けの保険見直しについて解説しているので、検討している人は参考にしてみてはいかがでしょうか。